スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

4/6(火)カラスマ朝食読書会のお知らせ

京都で本を通じて視野を広め合い、人生を豊かにしていく仲間が集う
「カラスマ朝食読書会(スマ読)」を開催致します!

。o ○+++++++++++○ o 。
       スマ読
        カラスマ朝食読書会
     2010.4.6(火)7:30-8:15

。o ○+++++++++++○ o 。

自分が読んで本から得た学びについて、語り合う。
そして新たな本に出会い、新たな気付きを得て、新たな仲間と繋がる。

カラスマ朝食読書会は、「本」を通じて、人生をより豊かに
していこうという仲間が京都で集う場です。

初めて参加される方は、コチラの内容をご覧くださいね!
「カラスマ朝食読書会」(略称:「スマ読」)とは?

記念すべき2010年度第1回は、4月6日(火)
気軽に参加してくださいね。一緒に本について語り合いましょう。

【 日時 】
2010年4月6日(火)7:30~8:15頃

※途中退場自由、流れ解散です。
※直前キャンセル・15分以上遅刻の場合は主催者にご連絡ください。

【今回のテーマ本&語りびと】

「交渉力入門」(著者:佐久間 賢、日本経済新聞出版社)


語りびと:ヘイッキ

 ・日々の生活は多種多様な交渉の積み重ね。
  意識的/無意識的にこなしている自分の交渉を客観的に捉えるには?

 ・一般的に交渉下手として知られる日本人。
  その背景とは? 必要なポイントは?

といったことについてみんなと語り合いましょう~

【 会場 】
スターバックスコーヒー ヤサカ四条ビル店(四条柳馬場)

阪急烏丸駅から徒歩3分、地下鉄四条駅から徒歩5分の便利な場所です。
→地図はコチラ

【 会費 】
各自でオーダーしたフード・ドリンク代 (250~500円程度)

【 定員 】10名
※先着順で締め切らせていただく場合があります。

【 お申し込み方法 】
本ブログ左側の「メールフォーム」の本文欄に
氏名、当日の緊急連絡先を記載の上、お申込み下さい。

※ご友人の方など、お連れの方がいる場合は
 その方の名前も記載の上、お申し込みください。

---------------------------------------------
<カラスマ朝食読書会の進め方>
①本の内容発表(15分)
 -発表者が紹介したい本について、A4一枚に 概要・気づき・影響を受けた点などを
  自由にまとめてきて紹介します
 -本のジャンルは問いません。
  ビジネス書、自己啓発本、歴史書、 哲学書、小説、雑誌、漫画、写真集等、
  価値観が広がり、人生を豊かにして くれると思える本なら何でもOK。
 -時間は15分程度(タイムキーパーつけます!笑)

②フリートーク(30分)
 -発表者の紹介内容を踏まえて、参加者同士で自由に議論します。
 -もっと本について紹介しても良し、 みんなでディスカッションしても良し。
  気づき・意見・次の行動などを 織り交ぜてトークすると面白いです。
スポンサーサイト

テーマ : 自己啓発・能力開発
ジャンル : 学校・教育

「カラスマ朝食読書会」(略称:「スマ読」)とは?

こんにちは。
本ブログを訪れていただき、誠にありがとうございます。

ここでは京都で開催している「カラスマ朝食読書会(略称:スマ読)について
ご紹介させていただきます。

。o ○+++++++++++○ o 。
     スマ読
     カラスマ朝食読書会
。o ○+++++++++++○ o 。

1.「カラスマ朝食読書会」とは
2. スマ読の基本的な進め方
3. 参加方法

以上3点について簡単にご説明します。

-------------------------------------------------------------------------
1.「カラスマ読書会」とは
京都に通勤・通学されている方に便利な烏丸で、本を通じた学び合いをする場が
「カラスマ読書会」(略称:スマ読)です。

毎週火曜の朝に数名で集まって、
①自分のおススメ本を紹介し合う
②興味を持った本をみんなで読み、感想・意見を述べ合う
という形で開催されている読書会です。

本の概要の紹介から始まり、その本を知ったきっかけや読んだ理由、感想、影響を受けて
行動が変化したことなど、様々な話をしながら学び合いが広がっています。
質問やディスカッションなどを通じて、多角的な視点から物事を見ることにも繋がります。

朝時間を有効活用しつつ、本を通じた会話によって互いに学び合うことを通じ、
人生がより豊かになる、そんなきっかけの場になっていけばと思っています。

■スマ読に参加して得られるもの■
① 新たな本や価値観と出会うことで自分の視野が大きく広がる
② 新たな仲間と学び合うことで、読書の仕方や考えが深まる
③ 有意義な朝の時間を過ごすことで、良い一日のスタートを切れる

■スマ読が大切にしている思い■
① 本を通じた学び合いを楽しむ人たちが集まる
② 新たな人・本との出会いを楽しむ
③ 価値観は十人十色。多様な価値観を知ることを楽しむ

2. スマ読の基本的な進め方
ジャンルを問わず、発表者が自分に影響を与えた本を持って来て、
みんなでトークすることを通じ、その本を通じた学び合いを深めます。

【主な流れ】
【1回目】
① お互いに自己紹介(一人1分程度)
② おススメ本の概要、気づきや学びなどをシェア(2分)
③ シェアされた本の内容について質疑等のフリートーク(3分)
④ ①~③を参加者の人数分繰り返す
⑤ さらにじっくり読みたい本をシェアされた本の中から選ぶ
【2回目以降】
⑥ 選んだ本の数章分を次回までに目を通す
⑦ 読んできた内容についての感想・気付き・意見などを自由にトーク
⑧ 1冊を読み終えたら、①~⑦を繰り返す

この流れを繰り返すことで、
・色んな本に出会える
・本の内容について深く知ることができる
・多様な価値観を知ることができる
ということに繋がっていきます。

※本のジャンルは問いません。 ビジネス書、自己啓発本、歴史書、 哲学書、小説、雑誌、漫画、
 写真集等、価値観が広がり、人生を豊かにして くれると思える本なら何でもOK。

※途中からの参加もOKです。毎回初参加の方がいらっしゃいますので、
 お気軽にのぞきに来て下さい。まずは見学から、というのもOKです。

3.参加方法
毎週火曜の朝に京都ヒトマナビカフェで開催しています。

■参加申し込み■
①メールでのご連絡(横のメールフォームをご利用下さい)
②facebookでの参加表明
③twitterでのご連絡
のいずれかをご利用下さい。

■日時・場所■
【日時】   
 ・毎週火曜:朝7:45~(最大8:45まで)

【場所】   
 ・京都の中心地、四条烏丸西入の「京都ヒトマナビカフェ」にて開催しています。
  烏丸駅から徒歩30秒の便利な場所です。
 →地図はコチラ

主催しているメンバーは、本と人との出会いを通じた学び合いを楽しみながら、
人生を豊かにしていくための、より良いコミュニティを目指しています。
ネットワークビジネス、マルチ商法、ねずみ講、宗教、保険、政治団体、反社会的勢力などの
販売・宣伝・勧誘行為を目的とした参加は一切お断りしておりますので、安心してご参加ください。
一度ご参加いただければ、「本を通じた学び合い」の楽しさが実感頂けるはずです。
----------------------------------
主催:キタバ
共催:京都ヒトマナビカフェ

テーマ : 読み聞かせ・ブックトーク
ジャンル : 学校・教育

「ストリームカフェ」とは?

こんにちは。
本ブログに訪れていただき、誠にありがとうございます。

ここでは「ストリームカフェ」についてご紹介させていただきます。

1.「ストリームカフェ」とは
2.「ストリームカフェ」の実施方法
3.「ストリーム」とは
4.「ストリーム」を知ることによってどうなる?
5.「ストリームカフェ」に至った背景

以上の5点について簡単にご説明しますね。
------------------------------------------------------------------
1.「ストリームカフェ」とは

普段意識しない「ストリーム」を、より強く意識した仕事をされている、
だけど身近な存在のゲストとの対話を通じて、色んな「ストリーム」を理解し、

①世界の多様な「ストリーム」を持つ人たちと共生していく
②現在の自分に影響を与えている「ストリーム」をひもとき、未来を考えていく

そんなことを目指す、対話の場です。

ゲストは伝統工芸や伝統文化を扱う業界で働いている若手
老舗の若手の跡取り 、歴史、文化の研究を行っている若手
地域活性化などに取り組むNPO・NGOの若手
日本に住んで仕事をすることを選んだ外国人 などなど。

「○○道の家元」などのように手の届かない存在ではなく、
あくまでフツーにカフェで隣り合っていても、
なんらおかしくは無い、身近な存在。

だけど、「ストリーム」につながる文化や歴史などを我々よりも、
ちょっとだけ 意識しながら仕事をしていたりする。
そういった方々をゲストとしてお招きします。
そんなちょっとした自分とゲストとの「違い」を知ることで、
「ストリーム」」をリアルに実感できると考えています。

2.「ストリームカフェ」の実施方法

ゲストの話を聞いたあと、参加者同士での対話・ゲストとの対話を行い、
内容の理解を深め、自分にとっての「ストリーム」を感じられるようになっていきます。

【主な流れ】
1.オープニングトーク
 -ゲストのこれまでの生い立ち、今に至るまでの経緯などを話していただきます。
  特に、今の人生を決断するに至った出来事や影響を受けた人などを中心に話していただきます。

2.全員でディスカッション
 -トーク内容を踏まえて、ゲスト・参加者全員で自由に対話します。

3.「ストリーム」とは

何かを考えたり、行動したりするとき、
人は生まれ育った家庭など色んなものに影響されています。

その結果、物事を一面から見るようになっています。
そのように思考・行動を知らず知らずのうちに、条件付けているものを「ストリーム」と呼んでいます。
川の流れの中にいるようなイメージです。

自分がどのような「ストリーム」>に条件付けられているのかを
理解できればもっと色んなものの見方ができるようになり、豊かで深い人生になると考えています。

4.「ストリーム」を知ることによってどうなる?

①他者との「共生」につながる

自分の「ストリーム」を認識できれば、
自分と他者の「ストリーム」を比較できます。

それによって思考や行動の違いの背景を理解でき、
「共生」につながっていくと考えています。

②広くて深い、そしてブレない「思考力」につながる
自分の「ストリーム」を認識することで、
ブレずに物ごとを捉えることができます。

そして「共生」の結果として、
幅広い視野を持って物ごとを捉えられるようになるため、
色んな情報から広く、深く考えるようになっていけるでしょう。

5.「ストリームカフェ」に至った背景

先行きが不透明な世の中で、ブレずに考え、自ら将来を切り拓き、
人生を豊かで楽しいものにしていくためには
1.「知恵力」
2.「発想力」
3.「繋げ(が)る力」
の3つが必要ではないかと考えています。

1.「知恵力」
現在は、ネットの力もあって、「情報」は膨大に手に入ります。
でも、「情報」に自分なりの解釈を加え、自らの「知恵」とする力が本当は必要であると考えています。

2.「発想力」
「知恵」はそれだけで価値を持つわけではなく、未来視点から
「知恵」と「知恵」を結び付けて、新たなアイデアを「発想」することが大切です。

3.「繋げ(が)る力」
そして、アイデアを実行して、実現していくためにも、
「知恵力」「発想力」を持つ人たちと人脈を持つ、あるいはその人たちを
結びつけるという「繋げ(が)る力」が重要だと思います。

そして、これらの3つの力を支えていくためには自分で深く広く考える思考力が欠かせません。
自分で考えるには、自分が何者なのか、どこから来てどこへ行くのか、という
アイデンティティが必要です。

そのアイデンティティを構成するものが「ストリーム」です。

テーマ : 自己啓発・能力開発
ジャンル : 学校・教育

プロフィール

キタバ

Author:キタバ
こんにちは。会社経営の傍ら、京都で「ストリームカフェ(最近やってないなー(汗))」と月イチで「カラスマ読書会」を開催している北林です。

内閣府フィンランド派遣団、エネルギー会社@京都、人材育成コンサル@東京を経て、同志社大学MBA修了。
日本各地の生活文化の中で培われてきた素材・技術を発掘し、国内外のクリエイターに発信・販売するCOS KYOTO株式会社の代表。キーワードは多様性、生活文化、持続可能な仕組み作り。
TEDxKyotoのディレクターも務める。
blog: http://cos-kyoto.tumblr.com/

お問い合わせメールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Twitter
Twitterはコチラ:KyotoCulture
「いいね!」をお願いします
シェアした本
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。