スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2/7(火)第79回カラスマ朝食読書会のお知らせ

本を通じて視野を広め合い、人生を豊かにしていく仲間が京都・カラスマで語り合う
「カラスマ朝食読書会(スマ読)」第79回のお知らせです。

。o ○+++++++++++○ o 。
      スマ読
    第79回 カラスマ朝食読書会
      2012.2.7(火)7:30~
     @京都ヒトマナビカフェ

。o ○+++++++++++○ o 。

カラスマ朝食読書会(スマ読)は、本を紹介しあい、その中から
「これはみんなで是非読みたい!」と思った本をみんなで読み進めて
意見を互いに交換していくというやり方で行なっています。

進め方の詳細は以下に掲載していますので、ご覧ください。
「カラスマ朝食読書会」(略称:「スマ読」)とは?

【 日時 】
2012年2月7日(火)7:30~

※昨年より時間が15分早くなっています!
※途中入退場自由、流れ解散です。最大8:30まで。

【今回の内容】
茶道だけではなく、日本文化について小説形式で読みやすく説明してある
山本兼一氏の「利休にたずねよ」をシェアしていきます。



今回は前半の「西ヲ東ト」までを読んできて、
その内容について意見交換します。
「今回はまずは見学参加で…」もOKです!

【 会場 】
京都ヒトマナビカフェ

四条烏丸西入第3田源ビル4階(1階がファミリーマートのビル)
烏丸駅から徒歩30秒の出勤前にも便利な場所です。
→地図はコチラ

【 会費 】
300円(ワンドリンク付)
※ヒトマナビカフェ会員(5デイズ会員含む)は無料(ドリンク代別)

【 定員 】10名程度

【 参加方法 】
以下のいずれかの方法で事前にご連絡下さい
・左のメールフォームから氏名、当日の緊急連絡先を記載の上、送信
facebookページのウォールに書きこむ
・twitterで主催者宛につぶやく

※ご友人の方など、お連れの方がいる場合は
 その方の名前もご連絡ください。

<カラスマ朝食読書会の進め方>
【1回目】
 ① お互いに自己紹介(一人1分程度)
 ② おススメ本の概要、気づきや学びなどをシェア(2分)
 ③ シェアされた本の内容について質疑等のフリートーク(3分)
 ④ ①~③を参加者の人数分繰り返す
 ⑤ さらにじっくり読みたい本をシェアされた本の中から選ぶ
【2回目以降】
 ⑥ 選んだ本の数章分を次回までに目を通す
 ⑦ 読んできた内容についての感想・気付き・意見などを自由にトーク
 ⑧ 1冊を読み終えたら、①~⑦を繰り返す

この流れを繰り返すことで、
・色んな本に出会える
・本の内容について深く知ることができる
・多様な価値観を知ることができる
ということに繋がっていきます。

※本のジャンルは問いません。 ビジネス書、自己啓発本、歴史書、 哲学書、小説、雑誌、漫画、
写真集等、価値観が広がり、人生を豊かにしてくれると思える本なら何でもOK。

※途中からの参加もOKです。毎回初参加の方がいらっしゃいますので、
お気軽にのぞきに来て下さい。まずは見学から、というのもOKです。
---------------------------------------------
主催:北林 功
共催:京都ヒトマナビカフェ
スポンサーサイト

テーマ : 読み聞かせ・ブックトーク
ジャンル : 学校・教育

第78回スマ読開催!次回以降のシェア本はこちらです!

1月31日、第78回カラスマ朝食読書会を開催しました。

※スマ読はこんな感じで進めています!
「カラスマ朝食読書会」(略称:「スマ読」)とは?

今回紹介された本は次の4冊!









2/7からのスマ読は、まずは「利休にたずねよ」をみんなで読んでいくことになりました!
まずは前半の「西ヲ東ト」までを読んでシェアしていきます。
見学からの参加もOKですので、お気軽にお越しくださいね!

テーマ : 読み聞かせ・ブックトーク
ジャンル : 学校・教育

1/31(火)第78回カラスマ朝食読書会のお知らせ

本を通じて視野を広め合い、人生を豊かにしていく仲間が京都・カラスマで語り合う
「カラスマ朝食読書会(スマ読)」第78回のお知らせです。

。o ○+++++++++++○ o 。
      スマ読
    第78回 カラスマ朝食読書会
      2012.1.31(火)7:30~8:30
     @京都ヒトマナビカフェ

。o ○+++++++++++○ o 。

カラスマ朝食読書会は次のような進め方で開催しています。

【1回目】
 ① お互いに自己紹介(一人1分程度)
 ② おススメ本の概要、気づきや学びなどをシェア(2分)
 ③ シェアされた本の内容について質疑等のフリートーク(3分)
 ④ ①~③を参加者の人数分繰り返す
 ⑤ さらにじっくり読みたい本をシェアされた本の中から選ぶ
【2回目以降】
 ⑥ 選んだ本の数章分を次回までに目を通す
 ⑦ 読んできた内容についての感想・気付き・意見などを自由にトーク
 ⑧ 1冊を読み終えたら、①~⑦を繰り返す

この流れを繰り返すことで、
・色んな本に出会える
・本の内容について深く知ることができる
・多様な価値観を知ることができる
ということに繋がっていきます。

※本のジャンルは問いません。 ビジネス書、自己啓発本、歴史書、 哲学書、小説、雑誌、漫画、
写真集等、価値観が広がり、人生を豊かにしてくれると思える本なら何でもOK。

※途中からの参加もOKです。毎回初参加の方がいらっしゃいますので、
お気軽にのぞきに来て下さい。まずは見学から、というのもOKです。

詳しくは以下にまとめましたので、ご参照くださいね。
「カラスマ朝食読書会」(略称:「スマ読」)とは?

次回、第78回は互いに本を持ち寄って、みんなで読み進めていく本を紹介する回です!
皆さんのご参加をお待ちしております。

【 日時 】
2012年1月31日(火)7:30~8:30

※途中入退場自由、流れ解散です。最大8:45まで。

【今回の内容】
 ① お互いに自己紹介(一人1分程度)
 ② おススメ本の概要、気づきや学びなどをシェア(2分)
 ③ シェアされた本の内容について質疑等のフリートーク(3分)
 ④ ①~③を参加者の人数分繰り返す
 ⑤ さらにじっくり読みたい本をシェアされた本の中から選ぶ

の部分を行います。

そのため、皆さんのおススメ本をお持ちよりくださいね
「今回はまずは見学参加で…」というのもOKです!

【 会場 】
京都ヒトマナビカフェ

四条烏丸西入第3田源ビル4階(1階がファミリーマートのビル)
烏丸駅から徒歩30秒の出勤前にも便利な場所です。
→地図はコチラ

【 会費 】
300円(ワンドリンク付)

【 定員 】10名程度

【 参加方法 】
以下のいずれかの方法で事前にご連絡下さい
・左のメールフォームから氏名、当日の緊急連絡先を記載の上、送信下さい。
facebookページのウォールに書きこむ
・twitterで主催者宛につぶやく

※ご友人の方など、お連れの方がいる場合は
 その方の名前もご連絡ください。

---------------------------------------------
主催:キタバ
共催:京都ヒトマナビカフェ

テーマ : 読み聞かせ・ブックトーク
ジャンル : 学校・教育

1/24(火)第77回カラスマ朝食読書会のお知らせ

本を通じて視野を広め合い、人生を豊かにしていく仲間が京都・カラスマで語り合う
「カラスマ朝食読書会(スマ読)」第77回のお知らせです。

新年からは開始時間を7:30と少し早めて開催しています。

。o ○+++++++++++○ o 。
      スマ読
    第77回 カラスマ朝食読書会
      2012.1.24(火)7:30~
     @京都ヒトマナビカフェ

。o ○+++++++++++○ o 。

カラスマ朝食読書会(スマ読)は、本を紹介しあい、その中から
「これはみんなで是非読みたい!」と思った本をみんなで読み進めて
意見を互いに交換していくというやり方で行なっています。

進め方の詳細は以下に掲載していますので、ご覧ください。
「カラスマ朝食読書会」(略称:「スマ読」)とは?

【 日時 】
2012年1月24日(火)7:30~

※昨年より時間が15分早くなっています!
※途中入退場自由、流れ解散です。最大8:30まで。

【今回の内容】
年末から読んできました日本の文化・思想の原点を文学の観点から捉えた
加藤周一さんの「日本文学史序説〈上〉」もいよいよ最終回。



今回は第5章 能と狂言の時代を読んできて、
その内容について意見交換します。
「今回はまずは見学参加で…」もOKです!

【 会場 】
京都ヒトマナビカフェ

四条烏丸西入第3田源ビル4階(1階がファミリーマートのビル)
烏丸駅から徒歩30秒の出勤前にも便利な場所です。
→地図はコチラ

【 会費 】
300円(ワンドリンク付)
※ヒトマナビカフェ会員(5デイズ会員含む)は無料(ドリンク代別)

【 定員 】10名程度

【 参加方法 】
以下のいずれかの方法で事前にご連絡下さい
・左のメールフォームから氏名、当日の緊急連絡先を記載の上、送信
facebookページのウォールに書きこむ
・twitterで主催者宛につぶやく

※ご友人の方など、お連れの方がいる場合は
 その方の名前もご連絡ください。

<カラスマ朝食読書会の進め方>
【1回目】
 ① お互いに自己紹介(一人1分程度)
 ② おススメ本の概要、気づきや学びなどをシェア(2分)
 ③ シェアされた本の内容について質疑等のフリートーク(3分)
 ④ ①~③を参加者の人数分繰り返す
 ⑤ さらにじっくり読みたい本をシェアされた本の中から選ぶ
【2回目以降】
 ⑥ 選んだ本の数章分を次回までに目を通す
 ⑦ 読んできた内容についての感想・気付き・意見などを自由にトーク
 ⑧ 1冊を読み終えたら、①~⑦を繰り返す

この流れを繰り返すことで、
・色んな本に出会える
・本の内容について深く知ることができる
・多様な価値観を知ることができる
ということに繋がっていきます。

※本のジャンルは問いません。 ビジネス書、自己啓発本、歴史書、 哲学書、小説、雑誌、漫画、
写真集等、価値観が広がり、人生を豊かにしてくれると思える本なら何でもOK。

※途中からの参加もOKです。毎回初参加の方がいらっしゃいますので、
お気軽にのぞきに来て下さい。まずは見学から、というのもOKです。
---------------------------------------------
主催:北林 功
共催:京都ヒトマナビカフェ

テーマ : 読み聞かせ・ブックトーク
ジャンル : 学校・教育

お待たせ!1/28(土)カラスマ朝食読書会Holiday!のお知らせ

本を通じて視野を広め合い、人生を豊かにしていく仲間が京都・カラスマで語り合う
「カラスマ朝食読書会(スマ読)」Holiday!のお知らせです。

普段は火曜日の朝に実施しているスマ読ですが、なかなか平日には
参加することができない、という声を多数いただきました。
そこで、月に1回のペースで休日版を開催いたします!

休日版は、平日版のスマ読とはちょっと違うジャンルの本を
じっくり読み進めるスタイルで進めていきます。

開始時間も10時と遅めになっておりますので、
平日版に参加できなかった皆さま、ぜひご参加くださいね~!

。o ○+++++++++++○ o 。
      スマ読
    第1回 カラスマ朝食読書会 Holiday!
      2012.1.28(土)10:00~
     @京都ヒトマナビカフェ

。o ○+++++++++++○ o 。

カラスマ朝食読書会(スマ読)は、本を紹介しあい、その中から
「これはみんなで是非読みたい!」と思った本をみんなで読み進めて
意見を互いに交換していくというやり方で行なっています。

進め方の詳細は以下に掲載していますので、ご覧ください。
「カラスマ朝食読書会」(略称:「スマ読」)とは?

【 日時 】
2012年1月28日(土)10:00~

※途中入退場自由、流れ解散です。最大11:30まで。

【今回の内容】
普段は歴史や文化、ビジネス等のジャンルが多いこともあり、
休日版では、理系的な分野の本を読んでみたいと思います。

理系的内容を分かりやすく表現しているということで
評判のコチラの本を今回はシェアしていきます。

「生物と無生物のあいだ」

今回は第1章~第6章を読んできて、お互いの感想や意見を
シェアしていきます。

【 会場 】
京都ヒトマナビカフェ

四条烏丸西入第3田源ビル4階(1階がファミリーマートのビル)
烏丸駅から徒歩30秒の出勤前にも便利な場所です。
→地図はコチラ

【 会費 】
500円(ワンドリンク付)
※ヒトマナビカフェ会員(5デイズ会員含む)は無料(ドリンク代別)

【 定員 】10名程度

【 参加方法 】
以下のいずれかの方法で事前にご連絡下さい
・左のメールフォームから氏名、当日の緊急連絡先を記載の上、送信
facebookページのウォールに書きこむ
・twitterで主催者宛につぶやく

※ご友人の方など、お連れの方がいる場合は
 その方の名前もご連絡ください。

※途中からの参加もOKです。毎回初参加の方がいらっしゃいますので、
お気軽にのぞきに来て下さい。まずは見学から、というのもOKです。
---------------------------------------------
主催:北林 功
共催:京都ヒトマナビカフェ

テーマ : 読み聞かせ・ブックトーク
ジャンル : 学校・教育

プロフィール

キタバ

Author:キタバ
こんにちは。会社経営の傍ら、京都で「ストリームカフェ(最近やってないなー(汗))」と月イチで「カラスマ読書会」を開催している北林です。

内閣府フィンランド派遣団、エネルギー会社@京都、人材育成コンサル@東京を経て、同志社大学MBA修了。
日本各地の生活文化の中で培われてきた素材・技術を発掘し、国内外のクリエイターに発信・販売するCOS KYOTO株式会社の代表。キーワードは多様性、生活文化、持続可能な仕組み作り。
TEDxKyotoのディレクターも務める。
blog: http://cos-kyoto.tumblr.com/

お問い合わせメールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Twitter
Twitterはコチラ:KyotoCulture
「いいね!」をお願いします
シェアした本
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。