スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

5/11カラスマ朝食読書会を開催しました

カラスマ朝食読書会(スマ読)の概要についてはコチラをご覧ください
---------------------------------------------------------------------------

5月11日(火)、「カラスマ朝食読書会(スマ読)」を
スターバックス四条柳馬場にて開催いたしました!

ゴールデンウィークの先週は旅行に行かれる方も
多いということで、お休みさせて頂きました。

ということで、2週間ぶりの開催した内容です。

【今回のシェア本】
「新・インナーゲーム」
著者:W・ティモシー・ガルウェイ
出版社:日刊スポーツ出版社 (2000/06)



前回の「考えない練習」に刺激を受け、同じように自分の内面に
目を向けてみようということで、心と体の連係を考察しながら、
自分自身の内側を引き出すための発想について書かれた
今回の本をシェアして頂きました。

テニスのコーチである筆者が、上達し相手に勝つための
スキルを教えている中で、実は内面に向き合うことが
大切と気づいたことから執筆されたという今回の本。

その内容から、テニスの本にも関わらず
ビジネスパーソンの間に広まり、「コーチング」が
できるきっかけとなったそうです。

「こうなって欲しい」という願望や欲、あるいは
「こうなりたくない」という恐怖心などに
影響されている「自我」。

体がありのままを求め、自然に改善していこうとする
自動学習機能を持つ「本能」。

本来は「本能」に任せておけば上手く行くのに
「自我」によって、それが妨げられている。
だから、現実を素直に観察し、考えず判断せず
あるがままを認めて「本能」を生かす。

勝負においてもライバルは敵ではなく、
自分自身が成長するために乗り越え、成長して行く上での
障害を提供してくれている、と考える。

などなど、自分の内面に機能しない思い込みや習慣を観察し、
それを手放す、やめる。
これまでの体験や知識、地位や得たものに執着しない。
義務的にならず、自分に命令もしない。
他者を力づけ、支えることで、
結果として自分自身を力づけ、支えることになる。

だから、Don't thik、Feel!が大切。

といったことについて、シェアして頂き、
みんなで語り合いました。

「生き方」についての話だったので、人それぞれの感想が
聞けて興味深い時間となりました。

(参加者の感想)
・自我と本能の両方の自分を客観的に、第三者的に見ることで
 最も自分自身を発揮できると思う。
 そのような視点になるためのスイッチを自分なりに習慣づけると
 良いのだと思う。
 イチローの一連の動きなどはその例かもしれない。

・人間には「欠乏欲求、つまり本能が満たされない状況に陥っており、
 特に日本の社会では「こうあらねばならない」
 といった義務付けが強いように思う。
 「断捨離」の心で、自分を縛っているものを捨てることが大事。

といった感想でした~。

来週も5月18日(火)7:30~8:15に開催します。

今回来られなかった方も、お気軽にご参加くださいね!
スポンサーサイト

テーマ : 自己啓発・能力開発
ジャンル : 学校・教育

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

キタバ

Author:キタバ
こんにちは。会社経営の傍ら、京都で「ストリームカフェ(最近やってないなー(汗))」と月イチで「カラスマ読書会」を開催している北林です。

内閣府フィンランド派遣団、エネルギー会社@京都、人材育成コンサル@東京を経て、同志社大学MBA修了。
日本各地の生活文化の中で培われてきた素材・技術を発掘し、国内外のクリエイターに発信・販売するCOS KYOTO株式会社の代表。キーワードは多様性、生活文化、持続可能な仕組み作り。
TEDxKyotoのディレクターも務める。
blog: http://cos-kyoto.tumblr.com/

お問い合わせメールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Twitter
Twitterはコチラ:KyotoCulture
「いいね!」をお願いします
シェアした本
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。