スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

6/20(日)第1回ストリームカフェ開催しました!

ストリームカフェ

6月20日(日)、二寧坂の六館堂にて第1回「ストリームカフェ」を開催いたしました!

記念すべき第1回を開催できたことに、まずは感謝!です。
会場を提供してくださった六館堂オーナーの柳明菜さん、
第1回ゲストで来てくださったSHOWKOさん、
そして参加して下さった皆さん、ありがとうございました!

ということで、第1回がどんな感じだったかをご紹介します。
※ストリームカフェの詳細については、コチラをご参照下さいね!

ゲストのSHOWKOさんは京都の6代続く窯元の家に生まれ、
大学を出てからふとしたきっかけで陶芸の学校に入り、
実際に陶芸に触れてみると、自分の感覚にとてもしっくりきて、
この道を歩もうと決めた方です。
現在は、陶磁器デザイナーとして器のブランド「sione」(シオネ)を発表し、
より器の可能性を探求しておられます。

まずは、SHOWKOさんの作っておられる作品のご紹介。
「詩+音」を組み合わせた「sione」に込めた物語性といったことなども
含めて、ご紹介していただきました。
resize0472.jpg

その後、「陶磁器デザイナー」という道を選ぶに至った背景を
育った環境、きっかけなどをインタビュー形式でお話いただきました。

代々茶器を作ってきた家系に生まれながらも、
特に茶器を作ることは考えず、むしろ触れてはいけない部分に感じていたのが
ふとしたきっかけで大きく変わっていったこと。

人をもてなす大事な文化として自分の中で茶道の影響を実感しつつ、
現代の畳の無い空間で人をもてなすライフスタイルを表現するためのもの、
そしてcreativeな気持ちで生活を楽しんで貰うためのものとして
器を作っていきたいと考えていること。

伝統を「伝える」のは破壊でもあるから、
全て分かった上で崩して良い部分と崩してはダメな部分の
見極めが大事ということを京都に育ち、暮らしているからこそ
感じられるということ。

などなど・・・

ちょっとしたことに感性が動くことが積み重なって、
それが一つの線となって結びついていく。
そんなことが少しずつ紐解いていける・・・
お話を伺いながら、そんな感じを受けました。
resize0473.jpg

インタビュー内容を踏まえて、参加者の皆さんには
自分にとっての「ストリーム」をワールドカフェ方式で考えて頂きました。
resize0474.jpg

対話の中で思ったこと、感じたことがあれば、
手元の紙に描いてもらえるようにしておいたところ、
こんなイラストを描いておられた方も(^^)
resize0476.jpg

その後、ワールドカフェを通じて出てきた想いや質問を
SHOWKOさんに話してもらう時間を持ちました。
対話を通じて、さらに深まっていく。
そんな時間を持つことができました。
resize0475.jpg

終了後は、もっと色々突っ込んだお話を、ということで
六館堂の地下にあるカフェ、「六花草」にて
マクロビ料理を頂きながらSHOWKOさんを囲んで
さらに対話は盛り上がっていきました!
resize0479.jpg

ちなみにコチラが六館堂のオーナーの柳明菜さんです(^^)
resize0478.jpg

ということで、第1回ストリームカフェはSHOWKOさんのお話を
通じて、自分の「ストリーム」を考えていく機会となりました!

引き続き、毎月様々なゲストをお招きして開催してまいります。
次回は7月11日(日)に同じく六館堂で開催いたします。

ゲストは唐紙職人の嘉戸浩さんです!

今回来られた方も来られなかった方もまた是非ご参加くださいね!
一緒に「ストリーム」を紐解いていきましょう!
スポンサーサイト

テーマ : 自己啓発・能力開発
ジャンル : 学校・教育

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

キタバ

Author:キタバ
こんにちは。会社経営の傍ら、京都で「ストリームカフェ(最近やってないなー(汗))」と月イチで「カラスマ読書会」を開催している北林です。

内閣府フィンランド派遣団、エネルギー会社@京都、人材育成コンサル@東京を経て、同志社大学MBA修了。
日本各地の生活文化の中で培われてきた素材・技術を発掘し、国内外のクリエイターに発信・販売するCOS KYOTO株式会社の代表。キーワードは多様性、生活文化、持続可能な仕組み作り。
TEDxKyotoのディレクターも務める。
blog: http://cos-kyoto.tumblr.com/

お問い合わせメールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Twitter
Twitterはコチラ:KyotoCulture
「いいね!」をお願いします
シェアした本
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。